和田歯科|ホワイトニング

HOME > ホワイトニング

ホワイトニングとブリーチ

「ホワイトニング」というのは、歯を白くするすべての治療を含みます。
その中で薬剤を使って歯を白くすることを「ブリーチング」と言っていましたが、現在は混合して使われています。

ホワイトニングの長所と短所

ホワイトニングの長所

歯を削ってかぶせずに、白くできることが最大の長所です。
削ってセラミック冠をかぶせたりすることに比べると、 歯にもダメージを与えないし、費用も安くでき、将来、 破損することもありません

ホワイトニングの短所

薬を作用させている時に「しみる」可能性があります
しかし、これは、知覚過敏用のハミガキでおさまります。
保険はききません。数万~数十万が相場です。医院に よっては、1本1万円のところもあります。

 

ホワイトニングの種類

家で行われる「ホーム」と医院で行われる「オフィス」に大別されます。

1)ホームホワイトニング 「効果は比較的長く続く」 「かなり白くきれいになる」ことが特徴です。
ただし、長時間(2~3時間)、長期間(3~4週間程度)口の中にトレーを 入れて薬剤を作用させないといけないのが難点です。
2)オフィスホワイトニング 簡単に最低限の時間と最低限の努力で白くすることが可能です。
当院が導入している「ホワイトニングシステム」がこれです
時間は30分から40分で、一度に上下12~14本の歯を白くします。
ただし、白さは、ホームホワイトニングの方がより白くなるようです。
3)デユアルホワイトニング 1と2の両方行い、なるべく早くかなり白くする方法です。
 

選び方

かなり白くきれいになりたい方で刺激を少なく自然な歯の色にしたい方はホームホワイトニング
手間も費用もかけたくないがある程度白くしたい方
かなり白くきれいになりたい方で費用がかかっても楽したい方

【注意】
・ホワイトニングの結果については個人差があります。
・神経のない歯は、上記の方法では白くすくことはできません。

 

終了したら…

ホームホワイトニングに於いても効果は、術後よりだんだん白さは落ちてきます。
アメリカでは、6~12ヶ月ごとのタッチアップ(追加漂白)が普通に行われています。
定期的に行うと白さは一生変わりません。おすすめです。

 
 
ページトップへ