和田歯科|審美

HOME > 審美

アメリカ歯周病学会財団が選んだ25人の歯周病専門医・研究者
お問合せフォーム
【予約先電電話番号】0847-52-6480(ムシバゼロ)
福山審美歯周病再生センター
福山先端デジタルデンティストリーCAD/CAM CENTER

審美のさきがけ:三位一体を基礎とした新しい審美の提案

目指すのはメタルフリーの口腔内

和田歯科院では2012年「NEW審美」をテーマに掲げ、患者様に「白い歯・美しい口元」を提供する取り組みをしております。
さらに「健康で快適な生活と心豊か人を提案する」ために、最近話題と なっている歯科金属アレルギーの治療として、口腔内詰め物・被せを金属よりも安全で審美性に優れたジコニア(ルギーの治療として、口腔内詰め物・被せを金属よりも安全で審美性に優れたジコニア(人 工ダイヤモンドにも使われている素材)とう最良のでご提供が可能になりました。

なぜ・メタルフリーを目指すの?<br />なぜ色々ある材料の中でジルコニアなの?!

  • メタル(金属)が口腔内にあると健康利害作用がある
  • メタルを使わない事で金属イオン イオン が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなど心配が無い、メタル(金属)が口腔内にあると審美性にかける
  • 欧米ではメタル(金属)が入った人はいないらしいなど。

なかでも最良素材のジルコニアを採用

強度が強い、自分の歯にあった色、ほとんど変色しない、汚れ (プラーク プラーク )が付きにくい素材

「歯の詰め物・被せ物が原因で『金属アレルギー』になるってご存知ですか?

歯科で使用される金属はいろありますが、これらの属イオンが、時間をかけて少しずつ溶出全身に広がることで、アトピーなどのように体が反応して 金属アレルギーを引き起こすことがあります。
もちろん必ず症状が出るわけではないすが、患者様の生活環境、ライフスタルにより症状が悪化することも否めません。

金属アレルギーには大きく分けて『接触性トピ皮膚炎』と『難治性アトピー皮膚炎』があります。『接触接触性アトピー皮膚炎』は金属が触れているところがかぶれたりす症例です。『難治性アトピー皮膚炎』は歯科金属により、口腔内よりむしろ全身様々な皮膚症状が現れる症例です。

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、蕁麻疹 など難治性の皮膚炎に苦しんでいる人中、科を受診しても 原因がわからず、処方された薬を服用なかなか完治しない場合は、もしかすると原因が歯科金属にある可能性がります。

また口腔内に浸出する金属イオンが原因で、歯ぐきが紫色になったり、ピリピリ感があったり、身体に湿疹が出たりすることがあります。

保険適用の詰め物・被せってどんな素材なの?

日本の歯科医療制度は現在に至るまで保険治被せたり詰めす材料金属がほとんどです。使用されている金属は銀パラジウム(12%)・銀合金等です。
その成分は、
■パラジウム(金:12%・パラジウム:20%・銀 46%・銅:20%その他(亜鉛・イリジウム2%)
■銀合金(:65 %・錫20%・亜鉛:15 %)

一般的に自費で使用されている金属はゴールドや白金です。
それでも身体には違和感がある場合があります。
金属イオンは体内に蓄積されています。症状の出る方もいれば全く出ない方もいます。またその症状は様々です。

「治療としては  まず口腔内から金属を除去することが先決です」

歯科金属アレルギーの治療として、口腔内から金属を除去し、その後は安全で審美性に優れた材料(ジルコニア)で口腔内を修復(詰め物 ・被せ物を取り換えることが大切です。

■症例(Before → After)

インプラトの被せ物は全てメタルを使用ずジコニアで作製します。1本から14本連結まですべてメタルなしで対応いたます。

「福山先端デジタルンティストリー  CAD / CAMセンター」の設置

和田歯科医院では、最新の治療用CAD/CAM装置を導入したことに併せて、専用の技工室を「福山先端デジタルンティストリーCAD/CAMセンター」と名付けて、院内に設置しました。
この CAD/CAMセンターを設置したことにより、和田歯科医院では今後すべての被せ物、詰めをジルコニアで提供することが で提供することが 可能となりました。
患者様に 満足していただくめに、スピー ディかつ、安全で美しい被せ物を適正な価格で提供 していきたと思っています。

・CAD: Computer-Aided-Design
(コンピュータ上で設計/デザイン)
・CAM:Computer-Aided Manufacturing
(出来上がったデータをもとに削りし/加工)

■CAD/CAMの流れ ※クリッすると拡大します。

 
ページトップへ