院長のインプラントヒストリア

HOME > 院長のインプラントヒストリア

アメリカ歯周病学会財団が選んだ25人の歯周病専門医・研究者
お問合せフォーム
【予約先電電話番号】0847-52-6480(ムシバゼロ)
福山審美歯周病再生センター
福山先端デジタルデンティストリーCAD/CAM CENTER
1980年代初頭、当時行っていた治療法からインプラント治療を導入することにより従来の治療法から脱却しより治療効果が期待できるのではないかと考えた。そこからすべてがスタートした。
当時は、インプラント療法を取り組んでいる医院も少なく、数少ない情報を集め色々なところへ足を運んだ。
試行錯誤した日々であったがインプラント治療が将来避けて通れないものになると確信していた。
そんな中、京都の先生に個人的にインプラントを教わる機会を得て急速にインプラントとの関わりが進展した。
リンコーブレードインプラントやゼネレーションテン、TP、骨膜下インプラント、オステオロッック、ITIインプラント、ステリオスインプラント、歯肉骨肉インプラントなど多岐にわたるインプラント材料を経験した。

日本口腔インプラント学会が設立される以前から、インプラント治療を一般臨床に取り入れるために、関西で開催されていた「日本臨床インプラント協会」に入会し、年間の研修プログラムを受講した。
インプラントに係わる勉強ができたことと同じ志をもった先生たちと共にインプラントのスタディーグループを立ち上げて10年以上にわたり毎年学会に参加しアメリカを中心に毎年研修に行くことが、最高に生きがいの日々であった。

当時日本ではインプラント療法が始まって数年という時に、アメリカのインプラント治療の権威であるDr.Charles M.Weissが来日されて2日間の講習会が開催されアメリカのインプラント治療を学んだ。
その関係から、アメリカ口腔インプラント学会(AAID)にも入会できた。又毎年多くの海外ドクターと親交を深めることができた。
特に恩師のDr.Charles M.Weissを当医院にお招きし院内でインプラント講習会を開催したことは生涯の思い出となっており、近隣の先生に多数参加して頂き有意義な勉強会ができた。
またDr.Weissとは我が家へ宿泊されたことでより親交を深めることができた。


2002年夏、息子圭祐がボストンのハーバード大学大学院歯学部歯周病専門課程に入学したことで、Dr.Myron Nevins(ハーバード大学教授・アメリカ歯周病学会会長)の指導を受けることができ、親交を深めることとなった。

Dr.Myron Nevinsとの関係で一番の思い出は、私のインプラント治療や歯周治療を施術して頂き、現在も経過良好で健康で快適な生活を送ることができていることである。
この経験は患者様にインプラント治療・歯周病治療を施術する私にとって大きな自信につながっている。

30年以上、インプラント治療を臨床に導入し、多くの患者様のご理解とご協力を頂き、今日までインプラント治療に関われたことに感謝し、これからも新しい技術・スキルを積み重ね、経験と実績を生かしながら患者様に満足していただけるインプラントロジストを目指して次世代へ継承したい。
 
ページトップへ