和田歯科|設備紹介

HOME > 義歯

あなたは、いまの入れ歯に満足されていますか?

保険適応内で作成できる入れ歯には、素材・構造等において、様々な制約があります。

ここで紹介する入れ歯はすべて自費のものとなりますが、特殊な素材や構造により、より良い付け心地を感じていただける入れ歯です

総義歯(総入れ歯)

ピッタリ フィット! ハイドロキャスト義歯

●ハイドロキャストデンチャー
治療用の入れ歯を使って、時間をかけて型取りを行い、ひずみを抑えて仕上げていくので、あごにピッタリとあった入れ歯が出来上がります。リライニング(うら打ち)を繰り返し行えるので、その都度新しい入れ歯に甦ります。
一度作製すると長期間【10年以上】使用が可能です。

 

残った歯を活かし吸着力アップ! マグネット義歯

●マグネットデンチャー
入れ歯の内面に埋め込んだ磁石の力により安定感がアップします。磁力による吸着力のアップに伴い、床(土台)を小さめにし、違和感を軽減することも可能です。

 

あたりがやわらか 軟性レジン義歯

●シリコンデンチャー
弾力のある素材が、直接歯ぐきに接触するので、痛みが出にくい入れ歯です。既に使用中の噛みなれた入れ歯にも応用できます。

 

強くてしなやか 金属床義歯

●金属床義歯
床(土台)の部分が金属で出来ているので、強度に優れ薄いので快適なつけ心地です。また熱が伝わるので食べ物の温度を感じることができ、入れ歯の違和感が軽減されます。

【金属の違いによる入れ歯の種類と特徴】

ゴールド床 腐食による変色がおこらず精密な加工がしやすい
チタン床 腐食せず、軽くアレルギー反応を起こしにくいイオンプレート(IP)加工により金色に加工され美しい状態を永く保てる
コバルトクロム床 熱を伝えやすく、清潔で美しい

 

部分床義歯(部分入れ歯)

維持装置が目立たず口元スッキリ! アタッチメント義歯

●アタッチメントデンチャー
金属のバネが使われていないので見て目に自然です。維持装置の部分が精密に作られているので、しっかりと固定されガタつく感じがありません。

 

見た目に自然! スマートデンチャー

●エステティックデンチャー(スマートデンチャー)
金属のバネがないため、見た目に自然です。使用しているプラスチックの素材は、水分吸収を抑える性状なので衛生的。内側の土台に金属を併用することで、強度もupします。

 

取り外しが簡単で残った歯にやさしい カムデンチャー

●カムデンチャー
バネが開閉式になっており、入れ歯の支えになっている歯への負担が軽減されます。また、バネをしっかりとしめることができ、安定感があります。

 

土台がうすくて快適 金属床

●金属床義歯
金属の種類により、特徴の違いがありますが、
共通する特徴としては・・・
・うすく快適
・食べ物の温度が伝わる
・残った歯にやさしい
(強度があり、噛む力によって入れ歯がたわまないので、残った歯にあまり負担をかけない)

【金属床の種類】

ゴールド床 腐食による変色がおこらず、精密な加工を行いやすい安定した金属なので身体にやさしい
チタン床 腐食せず軽くアレルギー反応を起こしにくいイオンプレート(IP)加工により、金色に加工され美しい状態を永く保てる。
コバルトクロム床 熱を伝えやすく清潔で美しい状態で永く使用できる

 
 
ページトップへ